読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星降る夜に願うこと -もちのブログ-

NEWSごとメモ。クラシック音楽寄りな見方してしまうヨ。

”Sweet Martini”と、規則性のなかにある不規則さ

コードネームが読めません。


セーラーVではないです、音楽用語です。よくギターとかにあるじゃないですか、これです。これ。

f:id:high-cube:20160916232805j:plain

▲このアルファベットの”Em7”とか


クラシック音楽を中心にやってると、これ、読めません。理由は単純です。「接点がない」。(というか、別の書き方をします。)

読めないくも書けなくもなくて、ただ単に慣れてないだけで、両方できるんですよ。ただ慣れてないだけ、ほんとこれで、タイムラグがハンパない。とくに7、9というポップスやジャズだとあたりまえな数字が出てきても、クラシックにはそこがなかなかないものだからすぐに手が動かないのです。

そう、読める、ってのは、つまり、「すぐに手が動くかどうか」と同義といっても過言ではナス。


で。

ともだちはコードネームは読めるし耳コピはできる。でも楽譜はまともに書けません。6/8拍子を3/4拍子表記で書いてたときには仰け反ったし、わたしの日程が合わず別に伴奏頼んだ相手からも「楽譜を書ける、拍子を数えられるのは基礎中の基礎」と怒られてるのを見て、なんだこれ面白いなと思ったのでした。あ、うん、面白いなと。


要するにクラシックで生きてきたわたしの構成要素はクラシックだし、ともだちは(親がクラシック畑だろうと)ポップスの音を手が勝手に紡ぐタイプなのだから、真反対ではあるし、そもそも用途が違うのですよね、コードネームと和音記号って。だからどちらが違うというわけでもないし、どっちも音楽。

だけど、二人で組んでやるとなると、そこのすり合わせがたいへんでたいへんで(笑)。基本的に即興ができるわたしだって、申し訳ないけどコードネームだけじゃ相手の和音のイメージ全部つかめるわけではなく、

「コードネームでもいいけどピアノ伴奏だったらどれが根音(一番下の音)になるかで意味変わるでしょ?!」

というマジレスをする始末www
ただ、これをお互いに笑い飛ばせるのはいいなあ、というか、「垣根なく」「お互いに尊敬して」いるのだと思うのです。


……というのを、
”Sweet Martini”*1を聴きながら思ってましたw
いやあのね、あれってバックもたぶん生音じゃないですか。ドラムスの"ツタタタ"が完全に均一ではないのがすごーーーーーーくすきなんで、今日お仕事しながら聴いててやっぱりそういう生々しさみたいなのがすきです。またこういう曲やってほしーなー! もう1年かあ! 早いね!

規則性のなかにある不規則さ、というのがおそらく人間性なのではないかと、思うわけでした。


だからYちゃんには6/8と3/4のちがいを叩き込もうと思います(にっこり)。

 

ちなみに、コードネームに根音を持たせるとこうなります。(分母みたいになってるところ)

f:id:high-cube:20160916232341j:plain 
ちなみに、これが”チャンカパーナ”で、最初の画像が”Dreamcatcher”。

……7と9ばっかり!!!!!!!(白目)

いや知ってるけど! その方が音と世界観が一致するの知ってるけど! でも多い! ちょー多い!!! くやしーーーーーーーーーーーー

 

 ▼参照はこちら

NEWS/ピアノ・コレクション オフィシャル・スコア

NEWS/ピアノ・コレクション オフィシャル・スコア

 

 

*1:言わずもがなの”チュムチュム”のカップリング