読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星降る夜に願うこと -もちのブログ-

NEWSごとメモ。クラシック音楽寄りな見方してしまうヨ。

NEWS新曲『四銃士』おぼえがき -クラシック音楽とはなんだ-

おともだちがおもしろがってくれるのと(マジこんなわたしのことなんだとおもってるんだろう…)、今回けっこう内容が内容なので、書いてみようと思います。

四銃士、感想、というか、覚書。

 

わたしは、「クラシック音楽とポップス音楽(以下ポップス)を両方聴く人」です。どちらか、だけ、の人間ではありません。
今回、『四銃士』という、「クラシック音楽」をベースにした曲を、わたしがポップスでいちばんあいしてるNEWSが歌うことの意味というのは、おそらく、すべてDVDに収録されているとおもいます。

もし、知らない人がいたら、この機会に覚えておいて欲しいな、と思うのは、クラシック音楽の言葉の意味です。

クラシック音楽(クラシックおんがく 英: classical music 独: Klassische Musik 仏: Musique classique 伊: Musica classica)は、直訳すると古典的(classical)音楽になるが、一般には西洋の芸術音楽を指す。「ポピュラー音楽」「軽音楽」の登場で旧来の音楽を区別するためのレトロニムである。(Wikipediaより)

直訳すると古典的音楽、つまりは、「いまの時系列からみた『クラシック』の時系列にある音楽」なんですね。だから、それらの音楽というのは、返せば、当時の最先端であったわけです。
いまわたしたちがNEWSの新曲がでる、とか、コンサートがある、というのとおなじように、当時の人たちもコンサートホールに足を運んだり、サロンに音楽家を招いたりしたりしたわけです。知ってるかこんなこと。

そう、時代が違うだけでやってることはおなじ、なんですね。

音を追い求めてエレクトーンが誕生したように、当時はそういう「機械(マシーン)」がなかった、とかそういうだけで、基本的にやってることはかわりません。リストの演奏会がアイドルじみたものだったりすることもおなじみの逸話だし、シューベルトのこの曲は古臭いといわれた、とか、それこそラフマニノフも、曲がまったく評価されずに苦しんだ時代とかもありました。(すんごい蛇足情報)

「クラシックはラフな服装でもいい、でも、ごく礼儀としてフォーマルな格好をする場合がある(ニュアンス)」
と西本先生はメイキングでおっしゃっていましたが、それってきっと歌舞伎とかでもおなじだろう、と思ってます。

いちばん大切なのは、まず、西本先生が曲を作ったこと。いちばんきついのは先生だったはずです。
クラシック音楽とポップスって、使ってる「機械」がちがうので、おっしゃってたとおりにまず「 編曲が難しい」のですよね。そこを本業をこなしながら行った先生は本当にすごいんです。ほんとにすごい。マジスゲエ(いきなりフランクにしたいこういうレベル)。

次に、これを企画して、通したひとたち。スタッフさんたちです。
企画すりゃ通るとかそういう甘っちょろい世界ではない、ジャニーズも西本先生側も。言っちゃえば命運をかけてるわけで、だからこそわたしが行ったイルミナートフィルの演奏会では大々的に『NEWSの新曲に!』と貼り出してあったのだと思うし。

企画して、通して、人を動かして、曲作って演奏してもらって振り付けしてもらってNEWSが歌って踊って、それがパッケージになってそれをわたしたちはもらってる。すごいことです。
その『仕事』が、すごい。

 

わたしが「いつか叶うならば」と願ったのは、まさにこの『企画力』でした。クラシック『だから』すごいのではなく、この企画という架け橋を成功させたすべてがすごい、と言いたかった。

そしてそれが叶ったいま、これから先、さらに叶うことならばMVのラストのように "to be continued" と。この炎が途切れることなく、燃え続けることです。

 

まあ、結局のところ、わたしが「そうあればいい」と思ってたことは、対談の中でぜんぶ西本先生がおっしゃってることで。

さらに言うと、しげあきがメイキングの最後に言った、「お互いに情報交換ができれば」これがすべてだとおもってます。わーこれだからじたんだいすき。いやまじで。本気で本質ついてくるTHE・垣根の上のひと:加藤シゲアキ

 

ええと…ほかに、もとの曲が何かとか、第18変奏のロジックは『逆さ』であるとか、結構この辺は書いてる人いるので…割愛します。

 

せっかくなので、お暇があれば、オーケストラと一緒に撮影するシーンでのオケの音を聴いてみてください。CDとは違う音が聴こえます。
ここが届けばきっと、NEWSも、西本先生も、「勝ち」です。そして、届かないと、わたしたちの「負け」です。

言うなれば勝負ですから、感性の。

 

 

四銃士(初回盤) [DVD]

四銃士(初回盤) [DVD]