読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星降る夜に願うこと -もちのブログ-

NEWSごとメモ。クラシック音楽寄りな見方してしまうヨ。

君の名は なよ竹の - NEWSが和歌詠んでくれるならこれ推したい -

どうもこんにちはもちです。
先日の小山さん出演の某番組で 不意打ちのKAGUYA にTLが途端に賑ったわけですが、WSでのお披露目いつなんでしょうか…正直気が気じゃない。

まあそんな中。FNSもありましたね!『ケジメなさい』も『Yell』もどっちも素敵すぎた。というかあのカメラに抜かれるテゴマスとますだくんのウインクちょっとどう処理したらいいの、ていうかコヤシゲイケメンなんだけど、いやそもそも全員その衣装…!ってかんじでまだまとまらないのです。

それだけではなく、ここ数ヶ月色々考えてることとかあり、そもそもそういうのをまとめるためにこのブログ作ったんじゃないかなあと思いつつも、

まだ喋れないや…(愕然)。

結構めんどくさい内容なので、いつか折見て話せたらいいなあ。しかもめんどくさいというか、すんげえ微妙な内容なので、見せていいのかもわかんないけど、まあ、追々です。

 

と、そんなことを友人とめっちゃLINEしてて、その中でふと生まれたのが、

『この和歌、NEWSに読ませたらいいんじゃない?』

ってやつでした。

まあKAGUYAも「古語」ってシゲアキが言ったわけで、オギワラー*1なわたしにとってはめっちゃそれ燃える!ってとこでして。

なんかさくらガールとか歌ってる時点でこの人たちとても綺麗な日本語が似合うといいますか。ほかの人たちだとニュアンス変わっちゃう気がするの。

という感じにちょっと頭の中に浮かんだことを、メモ替わりにここに書いておこうと思いますね!完全自分メモですね!
意味とか背景は気になったら調べてみてくださいね!(まるなげ!)

(ちなみに今回写真がなかった…和装NEWS画像わたし持ってるの少ない!とちょっとショック…意地でKAGUYAの「これぞ」なてごちゃんだけ載せときます。サムネに。)

 

まずはてごちゃん。手越祐也には女性のを詠んで欲しいのと個人的にコレが好きなのもありまして。

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの弱りもぞする

式子内親王の歌です。こういうはっきりした物言いすきだというのもあり、まず、『玉の緒』という言葉が美しい。

 

シゲアキ先生。

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで

しのぶれど 色に出りけり というところが、それっぽいといいますか、
福岡ではまだまだ先に放映する有ジャポの、あの顔を伏せたシゲアキさんならなんか詠めそうな気がするのでした。

 

ますだくん。

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

これなんかちはやふる*2で取り上げられてた気がするんですけどコミックスひっくり返すと何時間かかかるのやめときます。これ確か裏の意味調べたらなんかアレだった気がする。ちなみに女性の歌ですね。この頃女帝いたんだよなあ。


彼にはもう一つお願いしたい。

瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

瀬をはやみ、という出だしがまずもって素敵なんですよねえ。ちはやぶる、と同じくらい高校の宿題で好きになった歌です。増田貴久にお願いしたい。ぜひどういうニュアンスで詠んじゃうのか教えて欲しい(大真面目)。

 

そして小山さーん!けーちゃんにはこれをお願いしたいです。

天つ風 雲のかよいぢ吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ

個人的には空色勾玉*3に引用されていたのが印象的でした。いままでの歌に比べてとても絵画的な要素が詰まった歌ではないかと思ってます。空と舞姫が見える気がするのです。けーちゃんに「あまつかぜ」「おとめ」って言って欲しいだけでもある…

 

まあこんな感じです。和歌って追っていったら大変なことになるのであくまでメモってことでした。
1月9日はきっとMステで舞い踊るNEWSちゃんたちが見れるんでしょうね楽しみ!(と勝手に)
その頃にはきっとますだくんの酵母菌*4もなくなって、

すんごい色気放って金曜の夜を平安の宵に変える

んだろうと思ってます。真顔。

 

ところで。

カウコンどうしようかなあ…
今までテレビがあったのがこんなに幸せだとは…地方民にはつらいんだよう(´;ω;`)。

 

*1:荻原規子ファンのこと

*2:説明不要な漫画

*3:荻原規子

*4:ちょっとまるっとしたやつの、友人とわたしの間での通称…