読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星降る夜に願うこと -もちのブログ-

NEWSごとメモ。クラシック音楽寄りな見方してしまうヨ。

読書感想文

音楽の言語化と「蜜蜂と遠雷」(と、一瞬NEWS)

とくに「蜜蜂と遠雷」を読みながら、音楽を言葉で紡ぐとはなんなのか、ということを考えていました。 そもそも「言葉に直す」ってのはすごく不毛な作業だと思ってて。そんなこと言うわたしは、コンサートのこととかは基本的にメモのつもりで書いてるんですよ…

『だいじなもの』読みました。 -『ピンクとグレー』スピンオフ感想-

わかりやすいなあ。 さらっと読んだときの感想、これでした。少しわらってしまったくらいに、――もちろん、うれしいというか、そういうプラスの感情でわらってしまったくらいに。 野性時代146号、『ピンクとグレー』スピンオフ『だいじなもの』、感想というか…

文庫版閃光スクランブル:あとがき初読メモ

おともだちに未読の方がおられるし、わたし自身が本の地域格差に敏感で、あまりにも苦しくて仕方ないので、こちらに書くことにしました。 ほんのすこしなのでツイッターでいいことだけど、こっちに書くという「気配り」をしたいだけの自己満足です。 まず1ペ…

花が枯れる前に - 傘をもたない蟻たちは 今更に感想 -

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 (なんかいいタイミングでお題が出てたので乗っかってみます) いつ書こうかなあと時期をみている間に、三ヶ月半が経過してしまいました。 「傘をもたない蟻たちは」、上梓されて、心の中でとどめてたのをちょっと吐き…

『傘をもたない蟻たちは』読んだよ報告

「無が、在る、ように、無音という音も鳴ってるように。こういうのは書けばいいというもんでも送ればいいというもんでもなくことばにするのも勿体無いんではないかとおもってる。言わない選択肢もあるとおもうし、そのうち生まれたりするんだろうな、ともお…

イガヌの雨読みました。

トーキョーライヴの最中ですが父にチャンネル替えられたので書いておこうと思います。 ええと、ワタシ結構シゲアキ先生の文章とか好きで、RINGとかも。でも今回のはなんか、ぶわっと、ざらっと、きたので、感想メモっておこうと思いました。 実は最近の短期…